介護職の離職率と無資格者の採用について

注目度が年々増す介護業界の仕事は、低賃金・重労働などが原因で離職率が高い業界というのが事実です。24時間体制で介護サービスを提供する特別養護老人ホームには、要介護状態の高齢者が多く、身体介護サービスの提供がメインになります。

身体介護サービスとは、入浴サポートや排泄介助、食事サポートなどで、特に入浴サポートは、介護スタッフの肉体的負担が大きくなります。介護スタッフには女性が多く、大柄な男性高齢者を抱えるときにかかる腰への負担は大きく、ぎっくり腰や坐骨神経痛になってしまうことも珍しくありません。また、24時間体制で介護サービスを提供するため、スタッフの勤務体制も日勤だけではなく夜勤勤務も必要になります。介護スタフ自身が高齢化してくると夜勤勤務を続けることが精神的にも困難なり、長期にわたって介護の仕事を続けることが難しくなってしまうのです。

このような仕事内容や勤務体制が原因で退職者が増え、慢性的な人手不足に悩まされている介護施設はたくさんあります。そこで施設によっては有資格・無資格を問わず採用を行い、ひとまず人材確保を行うというケースも増えてきています。このような場合、即戦力である有資格者は特に問題ありませんが、無資格者の場合はできる仕事が限られてきます。無資格者の場合、身体介護作業はできず、ベッドメイキングや掃除などの雑務作業を行うことになりますが、中には、雑務作業を行いながら資格取得を目指し、資格取得後に身体介護作業などに就く人もいて、介護業界を支える戦力として期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です