無資格から始める介護の仕事

高齢化が進み、現在の日本社会では、介護の仕事への需要が高まってきています。多くの人が介護の仕事に対して興味を持ち始め、就職・転職希望者も増えてきています。しかし実際に介護の仕事へ就職・転職をするにはどのような活動をすればよいのかご存じですか。

おそらく多くの人は介護の資格を取得して、自分が希望する待遇を提供してくれる介護施設や事業所に面接に行くことになります。各介護施設や事業所にとっても即戦力である有資格者は貴重な人材で、資格を持っているだけでも採用される可能性はかなり高くなります。それでは、無資格者の場合は、介護施設や事業所への就職・転職はできないのでしょうか?実は介護の仕事の中には無資格でもできるものがあり、それらの仕事をこなしながら資格取得を目指している人はたくさんいます。介護職において有資格と無資格の大きな違いは、身体介護ができるかできないかになります。利用者の体に直接触れる身体介護をするには知識と技術が必要となり、介護職員初任者研修修了者しか行えません。逆に言えば、身体介護以外の作業である施設内の清掃や整理、買い出しなどは無資格でもできる仕事になるのです。

介護施設や事業所では安定した人材確保を行うため、無資格者も採用して身体介護以外の作業をしながら、資格を取得を支援するケースが増えています。中には資格取得費用を負担してくれる場合もあります。このような制度を利用すると、介護業界へ賢く就職・転職をすることができるかもしれません。無資格でも介護業界で働きたいという方は、参考サイトも併せてチェックしておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です