資格がなくても介護の仕事は始められる!

年々高齢者の数が増えている日本において、介護業界が提供しているサービスは欠かせないものになっています。介護サービスは介護が必要な高齢者が安心して暮らすための支援をするだけではなく、高齢者の家族の介護負担を軽減することにもつながります。中には自宅での介護が限界になり、入所型施設が提供している介護サービスを必要としている人もたくさんいます。入所型施設の一つである特別養護老人ホームでは、24時間体制で身体介護をメインとした介護サービスの提供を行っており、月額利用料も安く、とても人気があります。

このように、介護が必要な高齢者やその家族にとって介護業界が提供しているサービスの重要性は大きくなっていますが、サービスを提供する介護スタッフの負担は年々大きくなっています。その大きな理由の一つは、介護の仕事は想像以上に重労働であることから退職者が増加し、在職スタッフ一人一人にかかる負担が大きくなっているということ。さらに、多くの介護施設が必要としている介護の有資格者の確保が難しく、現場に新しいスタッフが入って来ないということも問題になっています。

そこで最近では、無資格者でも働ける環境を整備した介護施設が増え、さらに採用後に資格取得を目指してもらえるようにサポートをしています。無資格者の仕事内容は、利用者の生活援助と施設内の雑務全般に限られますが、安定した人材の確保に役立っています。また、仕事をとお押して、介護への知識を深められるので、資格取得もしやすくなり、介護業界の入口として期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です