やる気があれば、無資格者にもチャンスはある!

介護業界の仕事は介護が必要な高齢者にとって欠かせないものですが、低賃金・重労働という点から離職率が高いという現実があります。重い要介護状態の高齢者が入所する特別養護老人ホームでは、入浴サポートなど介護スタッフにとって肉体的負担が大きな介護サービスの提供がメインとなります。また、特別養護老人ホームは24時間稼働している施設なので、現場のスタッフの勤務体制も日勤と夜勤という形になります。

このような仕事内容や勤務体制は、若いうちは問題がなくても、年を取ってくると体力的にも精神的にも負担が大きくなってます。女性の介護スタッフの場合、結婚や出産を機に退職し、再就職の際には介護業界に戻ってこないというケースもたくさんあります。このようなことから、多くの介護の現場は慢性的な人手不足に陥ってしまい、施設側は常に人材確保に奔走しなければならない状態になっているのです。

これらの負の状況を改善するため、最近では無資格・未経験でも採用し、資格がなくでもできる仕事をしてもらいながら、介護の知識を習得して、資格取得を促す施設も増えています。採用基準を下げることでより多くの人材を集め、人手不足の解消を狙っているのです。このような施設の場合、資格取得支援サービスを導入していることも多く、施設側が費用を負担してくれることもあります。こうして無資格・未経験の人が有資格者になることで仕事の範囲を広げていき、介護スタッフとして現場で活躍してもらえるように努めているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です