介護業界へ転職は、無資格でも可能!

介護業界の仕事に対する注目度は高く、多くの人が転職を希望しています。社会貢献や人の役に立てるということや、介護の仕事に対して魅力を感じる人は多く、志望動機の一つになっています。しかし介護の資格を持っていない無資格者にとっては介護職への転職はハードルが高く感じてしまい、なかなか実行に移せない場合が少なくありません。実際、介護の仕事の多くは有資格者のみが行えるものがほとんどで、無資格者ができる仕事内容は限られています。転職希望者が無資格ということで介護職への転身を諦めてしまうケースも多く、各介護施設では人材確保に苦しんでいる状況です。

しかし最近では、各介護施設も安定した人材確保を行うため、無資格者でも採用するケースが増えています。介護施設の中には無資格者でもできる仕事があります。例えば、施設の清掃や配膳の準備、買い物などは、利用者の体に直接触れない作業なので、資格がなくても行えます。そうして介護の現場で働きながら、資格取得を目指してもらい、資格取得後にできる仕事の範囲を広げていくという手法を取り入れているのです。

介護施設によっては、資格取得支援サービスを導入しているケースもあります。その一つが、資格取得費用の一部または全額負担を行うことで、資格取得を金銭面でフォローしてくれるのです。このように介護業界では、有資格者だけではなく、無資格者の採用も行うことで、人材確保の範囲を大幅に広げて、現場の人手不足の解消につなげているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です